カテゴリー: 医療脱毛に関する記事

医療脱毛の長所と短所

脱毛について考える
医療脱毛がサロンでの脱毛と違う所は、必要ない毛が他にも生えてくる確率があるか如何にかと言うです。

ドクター免許を持つ人の医療行為以外で、体の局所を元に戻らないくらい傷つける事は法律で禁止されています。

永久脱毛は毛乳頭という、体の毛を生やすところを元に戻らないくらい傷つける事で、二度とその毛穴から必要ない毛を生えなくさせると言うものなので医療行為にあたる脱毛になります。

脱毛を受けた回数などにも左右されますが、ちゃんとと徹底的に医療脱毛を受けきれば、二度とそのところの必要ない毛は生えてこないはずです。

一新しないくらい毛乳頭にダメージを与える医療脱毛ですが、それくらい毛乳頭にダメージを与えるという事は、それだけ脱毛器の威力も高いという事です。

威力が高いので毛が生えてこなくなるまでの期間が、サロンで脱毛する時の二分の一程度とかなり短くなるのが良い面ですが、もちろん悪いところも幾つかあります。

威力が高すぎて苦しみも強くなり、特に肌の薄い箇所の脱毛だと耐えるのも大変なくらい痛さがあり、医療脱毛を断念する人もいます。

加えて、肌へも多分にダメージが行ってしまいますし、必要ない毛は薄くなったけど肌が荒れて、佇まいが反対に悪くなる、みたいなトラブルが起こる確率もあります。

苦痛は如何にしようもないところはありますが、肌へのトラブルは、脱毛器を使用する側の腕によっても水準を満たすまで防ぐ事が出来ます。

医療脱毛はサロンの脱毛と比較して費用が高いですが、だからこそ安さだけにとらわれず、心配無用して任せられる腕を持っているか、候補になったクリニックの口コミも調査してから受けるようにしましょう。